個人宅・小規模事業者向け屋根外壁リフォーム工事

弊社は一般住宅や小規模倉庫や店舗の屋根・外壁外装のリフォーム工事も行っております。

個人宅・小規模事業者向け屋根外壁リフォーム工事

屋根リフォームについて

屋根の葺き替えのタイミング(種類別耐久性、劣化症状)
トタン屋根

耐用年数は10年ほどですが、適切な塗り替えを行っていれば、寿命を延ばすことができます。
しかしながら、そうできなかった場合には表面の塗装が薄くなり、錆びの発生を許してしまっている可能性が高いので、はやめの葺き替えがおススメです。

スレート屋根

スレート材とはコロニアルやカラーベストなどの商品名で知られる屋根材で、耐用年数は20~30年程度ですが、寒暖の差の大小、南向きや北向きなどの環境の違い、設置した時期(アスベスト含有の有無)などによって変わります。
スレート材メーカーによって公表されている耐用年数が基本ですが、目安としてひび割れが増えてきた、白っぽくなってきたなどの目視でわかる劣化具合も参考になります。

陶器瓦屋根

一般的に屋根材としては最も耐久性があり、耐用年数は50年以上です。
しかしながら、葺き土で瓦を固定する土葺きで葺かれた瓦屋根は、近年増えている地震によって瓦ずれや落下破損などを起こしやすく、また記録的に強力な台風によって剥がされてしまうことがあります。
そうなると雨漏りによって建物自体の損害を大きくしてしまいかねません。
したがって釘で留める葺き方(引掛け桟瓦葺き)をしていない場合は、葺き替えを検討すべき時代になっていると言えるでしょう。

金属屋根の種類
ガルバリウム鋼板

アルミニウムと亜鉛の合金であるガルバリウム鋼板は、表面に強固なメッキ処理が施されており、耐食性と加工性と軽量さを併せ持つ現代の屋根材に最適な鋼板です。
加工性の良さからデザインが豊富で、軽量であることから地震にも安心な屋根材です。
以前は大規模な建築物でよく見られたガルバリウム鋼板材の屋根ですが、現在では一般住宅用としても普及しつつあります。
金属屋根であることに変わりはなく、メンテナンスフリーとはいきませんが、適切な頻度で再塗装を行えば、陶器瓦と同等の耐久性を持たせることが出来ます。

ステンレス

腐食に大変強い金属素材として有名なステンレスは、金属屋根に求められる高耐久性を有した優れた屋根素材です。
その耐久性を生かして、美観を低下させずメンテナンスフリーであることが求められる大型の建物やある程度の高さに設置する必要がある屋根に向いています。
ガルバリウム鋼板に比べると初期費用は経済的ではありませんが、メンテナンス等を含めた長期的なトータルコストではメリットのある屋根素材です。

金属屋根の形状
瓦棒葺き

波形ではないトタン屋根の葺き方として知られているのが瓦棒葺き屋根ですが、現在では芯木を使わない構造が考案され、耐腐食性にもすぐれた屋根として一般的に広く使用されています。
施工性が高く、勾配の緩い屋根にも使用することができ、経済的です。

立平葺き・立はぜ葺き

金属板の両端部が立ち上がり、上部にハゼを設けた形状から立平または立ハゼ葺きと呼ばれています。
一般には雨仕舞や滑雪性がよいことから降雪の多い地域の住宅の屋根としてポピュラーです。
また断面構造がシンプルなので、全体として軽量で地震対策としても有効な屋根です。

折板葺き

折板は断面構造に重点をおいて開発されたもので、大型の金属屋根で最も一般的でポピュラーな葺き方です。
強度があり、経済的かつ耐久性も高く、小規模の工場や倉庫などある程度の屋根面積を必要とする場合にも向いています。
他の屋根に比べて、長さを長くすることが可能であり、長尺屋根を必要とする建物に有効で、狭小地や隣接建物が接近しているなど場合によっては現場成型しながら屋根を葺くことが可能です。

金属瓦

陶器瓦の意匠をプレス成型により再現したものが一般的ですが、よりデザイン性の高い形状のものもあり、陶器瓦とは趣の異なるものもあります。
陶器瓦の1割程度の軽さのため、設置も容易で耐震性に優れています。

平葺き

小単位の板材を重ね貼りしていく葺き方で、神社仏閣の銅板葺きなどのように、曲面などあらゆる屋根形状に対応することが出来ます。
住宅用としても木造建築に馴染みやすく、軽量で凹凸のないフラットなシルエットを形成するデザイン的にも魅力ある葺き方です。

カバー工法(ローコストリフォーム)
スレート屋根のリフォーム

カラーベスト(コロニアル)屋根(あるいはアスファルトシングル屋根)の葺き替えが経済的でない場合、金属屋根を既存の屋根の上からカバーするリフォーム方法です。
施工条件としては、下地に傷みがないこととカバーされる屋根材の傷み(腐り)がないことで、既存の屋根材と金属屋根の2重葺きになり、断熱効果も向上することが期待できます。
カバー工法に使用する屋根材はガルバリウム鋼板が一般的です。

金属屋根のリフォーム

トタン屋根などの金属屋根に対してもカバー工法でリフォームすることができます。
施工条件としては、下地の傷みがないこととカバーされる金属屋根に錆びなどの傷みがないことです。

工事の流れ

屋根改修工事の流れについては、「一般住宅の屋根工事の流れ」ページをご覧ください。

外壁リフォームについて

外壁の種類

外壁には、窯業系(セメントと繊維系材料を混合し硬化させたもの)、金属系(ガルバリウムやアルミニウム、ステンレス)、モルタル系(セメント系の塗り壁)、木質系(杉板やレッドシダー材)、ALC(軽量気泡コンクリート板)など、その他様々な材質のものがあります。
素材自体の耐久性には差があり、また適切な頻度でのメンテナンスを施せば、数十年間の耐久年数を保持できるものもあります。
しかしながら、近年は地震や自然災害によって劣化が早まる場合もあり、以前とは外壁に求められる性能の優先順位が変わりつつあります。

金属系外壁のススメ(ガルバリウム、アルミニウムなど)

耐久性、メンテナンス性、防水性、耐震性、防火性などを高度にバランスよく持つ外壁材として、金属系の外壁は非常に有効な選択肢です。
近年、地震に強いということは、単に構造的な強さのみならず、耐クラック性や耐剥離性の高さが2次災害を防いだり、地震後の雨漏り等の風水害を最小にできることも外壁に求められる重要な性能のひとつになってきています。
他に比べて金属系の外壁は総じて軽量で、建物の揺れによる破壊が起こりにくいため、災害に強い外壁だと言えるでしょう。

貼り替えや重ね貼り

外壁も屋根と同様にリフォームの最善策は貼り替えです。
住宅の場合は特に、古い外壁を剥がし、下地の傷み具合を確認することも重要になります。
さらに窯業系やタイル系、ALCなどの外壁からのリフォームの場合、金属系外壁への貼り替えによって建物自体を軽量化できるメリットは大きいです。
それに対して、重ね貼りという既存の外壁の上からカバーするリフォームもあります。
メリットとして工期が短く、費用も抑えることが出来ますが、デメリットとしては建物の重量が増えてしまいます。

雨樋のリフォームについて

種類(形状、素材)

雨樋の形状は大別すると半円状のものと角型のものがあります。
素材としては、塩化ビニール系、それ以外の合成樹脂系、スチールと樹脂の複合系、ガルバリウム鋼板系などがあります。
塩化ビニール系やその他の合成樹脂系雨樋は低価格ですが耐久性は低く、劣化しやすいため、劣化し始めたところへ、大雨や強風、積雪によって雨樋が破損したり脱落したりする場合もあります。

金属製雨樋のススメ

ガルバリウム鋼板などの金属製の雨樋は、屋根材と同様に錆びにくく耐久性があり、加工性も良いので、近年普及が進んできています。
屋根材と同様に長尺対応もできるため、住宅用だけでなく小規模工場や倉庫などにも金属製の雨樋はおすすめです。

日頃のメンテナンス

雨樋を劣化させる原因のひとつに雨樋の詰まり、落ち葉や砂などの汚泥の堆積があります。
これらによって流れが悪くなり、常に雨水が溜まった状態になると劣化が早まります。
少なくとも1年に一回は雨樋を点検し、近くに大きな木があったり、風の強い地域などは堆積物を除去することが望ましいメンテナンスとなります。

お問合せから工事完了までの流れ

弊社では、リフォーム工事につきまして、以下のような流れで進めさせていただいております。
お施主様のご希望に合わせて、出来る限りの対応をさせていただきますので、お気軽にお問合せ、ご相談ください。

  1. お問合せ/ご相談
    まずは、お電話やメール、ホームページのお問合せフォームなどからお気軽にお問合せ下さい。
  2. 現場確認
    現在の状況を現場で確認させていただきます。
  3. お見積り
    ご予算、工期及び時期などをお聞きした上で、リフォーム方法を含めてお見積りをご提案させていただきます。
  4. ご契約
    お見積りでよろしければ、工事開始のご指示をいただき、工事請負のご契約となります。
    (ご要望があれば、契約書を作成いたします)
  5. 工事開始
    足場等の安全対策を行い、天候を見ながら、安全に作業を進めてまいります。
  6. 完了
    リフォーム工事が終了し、足場等を撤去し、清掃後、工事が完了となります。